canonicalとnoindex設定コード [カラーミーショップ SEO対策](add_noindex_to_colorme1.1.zip)

  • canonicalとnoindex設定コード [カラーミーショップ SEO対策]
カラーミーショップで運用しているショップで実際に起こったトラブルの解消を目的に作成したコードです。

重複コンテンツと見なされるリスクを下げ、主要ページを優先的にインデックスさせる意図で作成しました。(商品一覧ページ、商品検索結果ページに対応)


すべてのページに対応している上位版もあります。(5,500円)
https://shop.mihune-web.com/items/67304105

¥3,410

*Tax included.

*This item is a digital item which you download (2081 bytes)

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「mihune-web.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「mihune-web.com」so that you can receive our e-mail

Report

この商品の使い方

カラーミーショップのデザイン編集で「共通」のHTMLファイルをひらき、
共通HTMLの最下部に、 add_noindex_to_colorme.tpl のコードをそのまま貼り付けて保存してください。

このコードを作ったきっかけと働き

カラーミーショップの商品一覧(カテゴリ・グループ)は、並び替えなどを行なう際にURLパラメータが付与されます。

「同じページだが異なるパラメータを持ったURL」がそれぞれ検索エンジンにインデックスされてしまい、重複コンテンツと見なされ、大幅にアクセス減となった。 というトラブルが起こったため、このコードを作成しました。

add_noindex_to_colorme の働き

1・URLの正規化(商品一覧ページ)

一覧ページが2ページ以上存在するときや、商品の並べ替えを行なうとURLにpageパラメータやsortパラメータが付与されます。
これらのURL評価を1ページ目に集約することで、評価の分散・重複コンテンツと見なされるリスクを避けることができます。

また、ユーザビリティの面から、ページタイトルに現在のページ番号を表示させています。


2・検索結果ページの除外(noindex)
商品検索結果ページを検索エンジンにインデックスされないように除外します。
ユーザーの利便性を考え、ページタイトルに検索ワードを表示させています。

他のページにもcanonicalタグを設置したい場合

この商品は、「商品一覧」と「商品検索結果」の2種類のページに作用しますが、すべてのページにcanonicalタグを設置したい場合、
上位版の「 canonical_for_colorme 」をご利用ください。
https://shop.mihune-web.com/items/67304105

スマホ専用テンプレートをご利用の場合

スマートフォン専用テンプレートをご利用の場合は、PC用・スマホ用両方のテンプレートにコードを設置してご利用ください。

正常に設置できたか確認する方法

ご購入いただいたコードを設置した後、正常に動作しているか確認するには2通りの方法があります。

1・開発者モードで調べる
この商品は生成したカノニカルタグをheadタグに挿入しますので、確認したいページを表示し、開発者モードを開くと、でheadタグに link rel=canonical の有無をご確認いただけます。
(主要なブラウザでは F12キーを押すと開発者モードが表示できます。)

*「ページのソースを表示」ではご確認いただけません。ご注意ください。

2.Google Search Consoleを利用する
ショップサイトがGoogle SearchConsoleに登録済でしたら、「URL検査」で調べることもできます。
検査結果の「ページのインデックス登録」の項目に正規URLが表示されています。

infomationdownfolderhomemessage